Reuters logo
UPDATE 1-消費支出、10月は前年比-0.4% 8カ月連続で減少=総務省
2016年11月29日 / 00:46 / 1年前

UPDATE 1-消費支出、10月は前年比-0.4% 8カ月連続で減少=総務省

(内容を追加しました)

[東京 29日 ロイター] - 総務省が29日発表した10月の家計調査によると、全世帯(単身世帯除く2人以上の世帯)の消費支出は28万1961円となり、前年に比べて実質で0.4%減少した。減少は8カ月連続。節約志向の強まりや野菜価格の高騰などが下押し要因となった。

季節調整済み全世帯消費支出は前月比1.0%減となり、2カ月ぶりに減少した。

ロイターが民間調査機関に行った聞き取り調査では前年比0.6%減が予想されていた。

項目別にみると減少に寄与したのは、こづかい、交際費などの「その他の消費支出」、野菜・海藻、穀類などの「食料」、保健医療サービス、医薬品などの「保健医療」など。

食料は、夏場の天候不順を背景とした野菜価格の高騰が実質ベースでの押し下げ要因になったほか、総務省によると、交際費などの減少は節約志向を反映している可能性がある、という。自動車購入や自動車関連用品なども振るわなかった。

一方、電気代など「光熱・水道」や国内パック旅行など「教養娯楽サービス」はプラスに寄与した。

総務省は基調判断を「消費の弱い状況が続いている」に据え置いた。

10月の勤労者世帯の実収入は1世帯当たり48万5827円となり、前年比で実質0.1%減と3カ月ぶりに減少した。名目は同0.1%増だった。      *総務省の発表資料は以下のURLでご覧になれます。

here (伊藤純夫)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below