Reuters logo
シドニー外為・債券市場=弱含み、米利上げ期待で米ドル買い
2016年12月12日 / 02:57 / 1年後

シドニー外為・債券市場=弱含み、米利上げ期待で米ドル買い

[ウェリントン 12日 ロイター] - オセアニア外国為替市場ではオーストラリアドルとニュージーランドドルが弱含み。値幅は狭い。13―14日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で1年ぶりの利上げが実施されるとの見方から、米ドル買いが入っている。

豪ドル は2営業日下落した後、この日は一時0.7431米ドル近辺に下落。前週と同じく、0.7414―0.7509米ドルのレンジ内取引を続けている。

リブキン証券(シドニー)の世界投資アナリストであるジェームズ・ウッズ氏は「市場の焦点は、FOMC後のイエレン議長の声明と、金利見通しの『ドット・プロット』だ」と指摘した。トランプ氏の大統領選での勝利を受けた変化の兆候があるかどうかを、投資家は精査することになるとみられる。

原油価格の上昇も米ドルの支援材料。石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国が10日、ウィーンで会合を開き、協調して原油生産を削減することで合意。協調減産は2001年以来15年ぶりとなった。

BNZマーケッツのシニアストラテジスト、キンバリー・マーティン氏は「これを受けて、週初の豪ドルとNZドルの上値は抑えられている」との見方を示した。

NZドル は前営業日に0.5%下落した後、0.7135 米ドル近辺。

豪国債先物は下落。3年物 が2.5ティック安の98.035、10年物 は4.25ティック安の97.1675。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below