Reuters logo
台湾株式市場・中盤=5営業日ぶり反落、主要ハイテク銘柄に売り
2016年12月12日 / 03:58 / 1年後

台湾株式市場・中盤=5営業日ぶり反落、主要ハイテク銘柄に売り

[台北 12日 ロイター] - 
  
 台湾          日本時間12時36   前日比      %       始値     売買代金概算
                           分                              
 加権指数<.T         9,346.86  - 45.82  - 0.49   9,402.05  495.8億台湾ドル
 WII>                                                      
 前営業日終          9,392.68                                             
 値                                                        
 
    週明け12日午前の台湾株式市場は5営業日ぶりに反落。台湾積体電路製造(TSM
C) や鴻海(ホンハイ)精密工業などハイテク関連の主要銘柄が下げを主導し
ている。最近の株価上昇を受けて投資家が利益を確定した。
    加権指数 は日本時間午後0時36分時点で45.82ポイント(0.49%
)安の9346.86。
    加権指数は先週、海外勢の買いに支えられて約2%上昇した。
    業種別では電子製品指数 が一時0.2%下落、一方金融保険指数 は0
.1%高。
    ファウンドリー(半導体受託製造)世界最大手のTSMCは一時0.3%下落。同社
は9日に11月の売上高を発表した。電子機器受託製造(EMS)世界最大手で米アップ
ル のサプライヤーである鴻海精密工業 は一時1.5%下落した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below