Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ユーロ122円前半、アサヒが中東欧ビール事業を買収合意
2016年12月13日 / 23:34 / 1年前

〔マーケットアイ〕外為:ユーロ122円前半、アサヒが中東欧ビール事業を買収合意

[東京 14日 ロイター] -

<08:27> ユーロ122円前半、アサヒが中東欧ビール事業を買収合意

ユーロ/円は122.42円付近で小動き。ユーロ/ドルは1.06330ドル付近で同じく動意薄。

前日の取引では、アサヒグループホールディングス が13日、アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ) と、統合前の旧SABミラーが保有していた中東欧5カ国のビール事業を約8883億円(73億ユーロ)で買収することで合意したとの報道を受け、ユーロが強含む場面が見られた。

日本のビール会社による海外ビール事業買収規模としては過去最大となる。アサヒは10月に西欧事業を約2945億円で買収しており、欧州を海外展開の大きな柱とする。

アサヒが買収するのは、チェコ、ポーランド、ルーマニア、スロバキア、ハンガリーの事業。チェコのプレミアムビールブランド「ピルスナーウルケル」などが含まれる。欧米のファンドや海外ビールメーカーが入札に参加し、50億ユーロを超えると言われていた買収額は、73億ユーロに膨れ上がった。買収規模は、アサヒグループとして過去最大となる。

買収資金は、短期的には全額借入で充当する。欧州委員会からの承認を経て、2017年上期に完了させる予定。

買収金額について、ミョウジョウ・アセット・マネジメントCEO&CIOの菊池真氏は「買収額が随分高額になった。エクイティ・ファイナンスの実施も考えられる。早い段階で会社側が資金調達の方法を開示するべきだ」と指摘。ただ、国内市場が縮小する中で今回の買収はアサヒの成長に寄与すると評価している。

<07:43> ドル114.40─116.10円の見通し、FOMCの結果待ち

ドル/円は115.20円付近、ユーロ/ドルは1.0625ドル付近、ユーロ/円は122.42円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が114.40―116.10円、ユーロ/ドルが1.0550─1.0700ドル、ユーロ/円が121.60―123.10円とみられている。

前日の米国市場では、米連邦準備理事会(FRB)がきょうまで2日間の日程で開催している連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げを決定するとの観測から、短期債利回りが上昇し、2年物米国債利回り が約6年ぶりの高水準となった。

「FOMCメンバーの来年の金利見通しで、利上げベースに対してどのような姿勢を示すか、さらに、最近のドル高について、なんらかのけん制がなされるかなど、注目されている」(外為アナリスト)という。

きょうは日銀短観も予定されているが、「短観はイベントではなくなりつつあり、無風通過となりそうだ」(同)という。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below