January 27, 2017 / 1:27 AM / 3 years ago

〔マーケットアイ〕金利:日銀が国債買い入れを通告、長期ゾーンを増額

[東京 27日 ロイター] - リアルタイム金利データは reuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ratesviews をクリックしてご覧ください。

<10:23> 日銀が国債買い入れを通告、長期ゾーンを増額

日銀は午前10時10分、国債買い入れを通告した。対象は「残存1年超3年以下」(買入予定額4000億円)、「残存3年超5年以下」(同4200億円)、「残存5年超10年以下」(同4500億円)の3本。

市場では「対象年限は事前の想定通り。残存5年超10年以下の買入額が前回オファー分から400億円増額となった点については意外感があるが、日銀はイールドカーブ・コントロールにより金利の上昇を抑制する動きに出たもよう」(国内証券)との見方が出ていた。

残存5年超10年以下のオファー額の増額により、国債先物が上昇幅を拡大し、10年最長期国債利回り(長期金利)も低下幅を広げて0.070%で推移している。

<09:29> 超長期ゾーン強含み、押し目買いが優勢

超長期ゾーンが強含み。20年債、30年債、40年債ともに足元の利回りは低下基調にある。市場では「前日に40年債利回りが1%を超えてくるなど、心理的な節目が意識された押し目買いが入ったようだ。一部生保や年金勢の需要もあるのではないか」(国内証券)との指摘がある。

10年最長期国債利回り(長期金利)も前営業日比0.5bp低下の0.080%で推移しており、日銀オペのオファーが期待されている展開とみられている。

<08:57> 国債先物が反発スタート、米債高などで買い先行

国債先物中心限月3月限は前営業日比5銭高の149円89銭と反発して寄り付いた。市場では「前日に大幅に売られた反動に加え、前日の米債高を手掛かりとした短期筋からの買いが先行している。ただ、きょうオファーが期待されている日銀オペの対象ゾーンを見てから動く市場参加者も多くなりそうで、前半はもみあう場面も増えそうだ」(国内証券)との見方が出ていた。10年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比変わらずの0.085%で寄り付いた。

総務省によると、12月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は99.8となり、前年同月比0.2%低下した。ロイターがまとめた民間予測はマイナス0.3%だった。相場への影響は限られている。

日本相互証券の日中画面

トレードウェブの日中画面

国債引値 メニュー

10年物国債先物<0#2JGB:>

日本相互証券の国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含む

日本相互証券の変動利付国債引値一覧・入札前取引含む

日本相互証券の物価連動国債引値一覧・入札前取引含む

スワップ金利動向

ユーロ円金利先物(TFX)<0#JEY:>

ユーロ円金利先物(SGX)<0#SEY:>

無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)<0#JOV:>

TIBORレート

日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む

日本相互証券 短期国債引け値・入札前取引含む

LIFFE円債先物<0#FYB:>

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below