Reuters logo
中国・香港株式市場・前場=香港続落、米政権の政策めぐる懸念で
2017年2月1日 / 05:27 / 10ヶ月後

中国・香港株式市場・前場=香港続落、米政権の政策めぐる懸念で

[香港 1日 ロイター] - 
 香港                   前場終値      前日比          %        始値   売買代金概
                                                                               算
 ハンセン指数          23,195.23    - 165.55      - 0.71  23,211.88   313.6億香港
                                                                             ドル
 前営業日終値          23,360.78                                                 
 ハンセン中国株指数<    9,707.15     - 96.90      - 0.99   9,756.70              
 .HSCE>                                                               
 前営業日終値           9,804.05                                                 
 
    連休明けの香港株式市場は続落して前場を終えた。トランプ米大統領の政策をめぐる
懸念が高まる中、海外市場の下落に追随した。    
    ハンセン指数 前場終値は165.55ポイント(0.71%)安の2万319
5.23。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数) 前場終値は96.90ポイント(0.
99%)安の9707.15。
    
    UOBケイ・ヒアンのディレクター、スティーブン・レオン氏は「トランプ政権下で
次に何が起こるかをめぐる不透明感から市場は非常に慎重になっている」と指摘。その上
で「中国の製造業データが幾分の下支え要因になっている」との見方を示した。
    中国国家統計局が発表した1月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は51.3と
、ロイターがまとめた市場予想の51.2を上回った。
    先週11.6%値上がりしていた中国の食品・飲料大手、中国旺旺 が3.
1%安と下げを主導。
    エネルギー株も軟調で、中国石油天然ガス(ペトロチャイナ) は2.6%
下落し、3週間ぶりの安値を付けた。
    
    中国株式市場は旧正月のため、2日まで休場。取引再開は3日。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below