Reuters logo
UPDATE 1-武田薬、今期売上収益予想を上方修正 費用増吸収し営業益は維持
2017年2月1日 / 08:37 / 10ヶ月前

UPDATE 1-武田薬、今期売上収益予想を上方修正 費用増吸収し営業益は維持

(内容を加えました。)

[東京 1日 ロイター] - 武田薬品工業 は1日、2017年3月期(IFRS)の連結売上収益予想を1兆6700億円から1兆7000億円(前年比5.9%減)に上方修正した。前提為替レートを円安方向に見直したことが主因。ただ、米アリアド社買収による営業利益へのマイナス影響などがあり、営業利益予想は1350億円(同3.2%増)で据え置いた。

トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト12人の営業利益予測の平均値は1544億円となっている。上方修正は今期2度目。

統合費用など、アリアド社買収による今期営業利益へのマイナス影響は90―100億円。また、研究開発体制変革にかかる費用を今期に70億円前倒しした。これら経費増はあるものの、コア・アーニングスが160―170億円増加することで吸収する。

研究開発体制変革に要する費用の総額は750億円から変更ない。18年3月期は280億円を見込んでいる。

16年4―12月期の連結売上収益は1兆3158億円(前年同期比5.6%減)、営業利益は2174億円(同29.8%増)となった。テバ社との合弁会社への事業譲渡益があり、営業利益は大幅な増益となっている。

前提為替レート(年間平均レート)は、1ドル104円を109円へ、1ユーロ117円を120円に見直した。

清水律子

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below