Reuters logo
シドニー株式市場・大引け=小幅安、不動産株主導で
2017年2月2日 / 07:47 / 10ヶ月後

シドニー株式市場・大引け=小幅安、不動産株主導で

[2日 ロイター] -   
 豪                               終値   前日比       %        始値        高値        安値
 S&P/ASX200指数<.AX    5,645.434  - 7.731   - 0.14    5,653.20   5,670.600   5,630.500
 JO>                                                                               
 前営業日終値                 5,653.165                                                      
 
    2日のシドニー株式市場の株価は、不動産株主導で小幅安となった。きょう発表され
た先月の豪貿易黒字が過去最高となり豪ドルが上昇し、利益確定売りが出た。
    S&P/ASX200指数は7.76ポイント(0.14%)安の5645.4で終
了した。
    豪ドルは0.7%上昇し、1豪ドル=0.7639米ドル。アナリストによると、豪
ドルが対米ドルで上昇すると株式に利益確定売りが出ることが多い。
    不動産関連では、ショッピングセンター運営のセンター・グループ は1.
13%安。不動産のストックランド は1.37%安。
    大手4銀行のうち3銀行が下落。ウエストパック・バンキング は変わらず
。
    カンタス航空 は1.2%安。ヴァージン・オーストラリア は2.
3%安。
    相場全体の下げは、ドル安を好感する商品関連の上昇で限定的だった。
    リオ・ティント は0.22%高、ニュークレスト・マイニング は
2.17%高、サウス32 は0.7%高。
    ただし、オセアナゴールド は17.8%安。フィリピンの鉱業相は、同社の
一部鉱山について、環境破壊を理由に操業停止を命じた。
    素材株指数は0.2%高、一方金属株指数は0.43%高。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below