Reuters logo
再送-ロンドン株式市場=小幅反落、エネルギーや住宅建設株に売り
February 6, 2017 / 8:03 PM / in 10 months

再送-ロンドン株式市場=小幅反落、エネルギーや住宅建設株に売り

(デートラインの日付けを追加して再送します。)
    [6日 ロイター] - 
 <株式指数>          終値    前日比       %  前営業日終値  コード
 FT100種       7172.15    -16.15    -0.22       7188.30          
 
    ロンドン株式市場は小幅反落した。エネルギー株や住宅建設株が売られ、貴金属関連
の鉱業株の上昇を打ち消した。
    住宅建設株ではテイラー・ウィンペイ 、バラット・デベロップメンツ 
、パーシモン が1.6%から1.7%の値下がり。英政府による慢性的な新築住
宅不足の解消策導入を前に売られた。バーウェル住宅・都市計画担当相が5日、英国の不
動産市場は大手の住宅建設業者に過度に依存していると発言。7日に発表される住宅不足
解消策は住宅の計画や建設システムを大きく揺るがすものになるとされている。
    FT350種石油・天然ガス株指数 は0.47%の下落だった。ドル高
や米国での潤沢な供給を背景に原油先物の価格がさらに値下がりしたことが嫌気された。
    金鉱株は相場全体を下支えした。個別銘柄では、ランドゴールド・リソーシズ<RRS.L
>が4.2%高とFT100種で上昇率が最も高かった。金の価格が上昇したことに加え
、第4・四半期の利益が76%増えたとする発表が好感された。配当を52%増やすとし
たことも買い材料視された。
    同業のフレスニロ は1.3%高。米国と欧州の政治の先行きへの懸念から金
価格が3カ月ぶりに近い高値をつけた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below