Reuters logo
上海外為市場=人民元は小幅高、企業がドル売り
2017年2月8日 / 06:13 / 9ヶ月後

上海外為市場=人民元は小幅高、企業がドル売り

[上海 8日 ロイター] - 8日中盤の上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで小幅高。企業のドル売りが支援材料となった。ドルはオーバーナイトで1週間ぶりの高値に上伸していた。

中国人民銀行(中央銀行)は取引開始前、人民元の対ドル基準値を1ドル=6.8849元に設定。3週間ぶりの元安水準で、前日の基準値(6.8604元)比0.36%元安・ドル高。

きょうの基準値の元安設定はドル高を反映している。ドルはここ最近の下落を受けてテクニカルな買いが入ったほか、欧州で重要な選挙が相次ぐことによる政治的な不透明感を背景に買われた。

人民元のスポット(直物)相場は6.8855元で寄り付いた。0331GMT(日本時間午後0時31分)時点では、6.8843元。これは前日終値比0.0018元の元高・ドル安、基準値比では0.01%の元高・ドル安水準。

中国系銀行のトレーダーは「午前の市場は企業が保有するドルの一部を自発的に売却したことで、均衡していた」と説明。国有銀行によるドルの流動性供給は行われなかったとも指摘した。

トレーダーらは企業が利益を確定するためにドルを売ったと説明。トランプ米大統領の保護主義的貿易政策と地政学へのアプローチを巡る不透明感で最近の相場が不安定化しており、企業はドル上昇の持続性を疑問視していたという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below