Reuters logo
上海外為市場=人民元、ドル安で上伸 下落への警戒感も
February 9, 2017 / 6:42 AM / 10 months ago

上海外為市場=人民元、ドル安で上伸 下落への警戒感も

[上海 9日 ロイター] - 中盤の上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで上伸。米国債利回りの下落でドル相場が圧迫された。ただ、元が一段と下落するとの見方が短期的には増える可能性がある。

トレーダーによれば、人民元は春節(旧正月)明け以降、ドルのボラティリティーの影響を「大幅に」受けている。人民元相場見通しへの根強い警戒感が元の上値を抑えている。

中国人民銀行(中央銀行)は元の対ドル基準値を1ドル=6.8710元に設定。前日の同値(6.8849元)より元高・ドル安だった。

元のスポット相場は6.8720元で寄り付いた後、正午ごろの時点で6.8682元で推移。これは前日終値比0.0033元、基準値比0.04%の元高・ドル安水準。

2016年、元は対ドルで6.6%下落し、1994年以来最大の下げ幅となった。元の大幅下落を受け、中国当局は資金流出抑制策を多数講じた。これらの措置と最近のドル安が、過去2、3週間で元相場の安定化に寄与した。

中国系銀行のトレーダーは、元のオフショア相場が再びオンショア相場より安くなれば、元安観測が強まるかもしれないと指摘。年初からは、長期的なトレンドとは逆に、オフショア相場がオンショア相場よりも元高で推移している。

元のオフショア相場は、オンショア比0.25%元高・ドル安の6.8512元。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below