Reuters logo
UPDATE 2-第4四半期のマレーシアGDPは前年比+4.5%、輸出と内需が支援
2017年2月16日 / 04:44 / 9ヶ月後

UPDATE 2-第4四半期のマレーシアGDPは前年比+4.5%、輸出と内需が支援

(内容を追加しました)

[クアラルンプール 16日 ロイター] - マレーシア中央銀行が発表した第4・四半期の国内総生産(GDP)は前年比4.5%増と、市場予想と一致し、第3・四半期の4.3%から伸びが加速した。

堅調な輸出と底堅い内需が支援した。中央銀行は、民間セクターの支出と、製造業、サービスセクターがけん引したとの認識を示した。

一方、2016年通年の成長率は4.2%と、15年の5.0%から鈍化。マイナス成長だった2009年以来の低水準にとどまった。

キャピタル・エコノミクスは、マレーシア経済は第4・四半期に「引き続き勢いが加速した」と指摘したうえで「しかし、さえない外需、高水準の家計債務、追加的政策支援の余地が限られることを踏まえると、成長率がこれ以上に上向くとは考えにくい」との見方を示した。

併せて発表した第4・四半期の経常黒字は122億リンギ(27億4000万ドル)と、第3・四半期の60億リンギから拡大した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below