Reuters logo
UPDATE 1-中国・香港株式市場・大引け=上海株7カ月ぶり安値、香港続伸
2017年5月10日 / 08:44 / 6ヶ月後

UPDATE 1-中国・香港株式市場・大引け=上海株7カ月ぶり安値、香港続伸

 (香港市場のリポートを追加しました)
    [上海 10日 ロイター] - 
 中国                      終値      前日比          %        始値         高値         安値   売買代金概
                                                                                                         算
 上海総合指数         3,052.7850   - 27.7419      - 0.90  3,078.1728  3,090.8191   3,051.5896    1814.8億元
                                                                                                
 前営業日終値         3,080.5269                                                                 (上海A株
                                                                                                         )
 CSI300指数<.C   3,337.378    - 15.154      - 0.45  3,350.650    3,369.435    3,336.003   
 SI300>                                                                                         
 前営業日終値          3,352.532                                                                
    
 香港                      終値      前日比          %        始値         高値         安値   売買代金概
                                                                                                         算
 ハンセン指数          25,015.42    + 126.39      + 0.51  24,931.82    25,164.97    24,931.82   936.4億香港
                                                                                                       ドル
 前営業日終値          24,889.03                                                                           
 ハンセン中国株指数<   10,227.42     + 98.43      + 0.97  10,160.27    10,313.21    10,160.27              
 .HSCE>                                                                                         
 前営業日終値          10,128.99                                                                           
 
    中国株式市場は高値から押し戻され、下落して引けた。4月の生産者物価指数(PPI)が予想以上に鈍化した。
金融規制に対する懸念も根強い。
    上海総合指数終値は27.7419ポイント(0.90%)安の3052.7850。7カ月ぶり安値をつ
けた。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数         終値は15.154
ポイント(0.45%)安の3337.378。8営業日連続の下げとなった。
    新興ハイテク企業が多いチャイネクスト指数は1.7%下落し、27カ月ぶり安値。2015年の株価
急落時につけた安値を初めて下回った。
    PPIに加え、製造業購買担当者景気指数(PMI)も伸びが鈍化しており、アナリストの間では、中国経済は依
然として底堅いものの、力強いスタートを切った年初から減速しつつあるとの見方が浮上している。
    ANZ(香港)の中国担当シニアエコノミスト、ベティ―・ワン氏は、生産者物価が一段と鈍化し、今年後半の中
国の経済成長率を押し下げる可能性があると予想。「PPIやCPIのトレンドにかかわらず、デレバレッジが政策の
焦点となっている」と述べた。
    金融規制の強化については、過剰規制で景気に悪影響が及ぶのではないかとの懸念が広がっている。
    中国国営の新華社は、政府の金融リスク対策に関する論説を7日連続で掲載しており、デレバレッジ対策や金融規
制が緩和されることはないとの見方が浮上している。
    河北省に新設する経済特区「雄安新区」についても、過剰規制で失速するのではないかとの懸念が出ており、関連
3銘柄が10%下落してストップ安となった。
    ロイターが取材したアナリストの大半は、投資家の慎重姿勢が当面続くと予想。好材料に乏しく、経済成長が第1
・四半期にピークに達した可能性があると指摘している。
    主要セクターは伸び悩んだ。金融株は小幅高。工業株、素材株の下げが目立っ
た。
    
    香港株式市場は3日続伸し、指数は1年9カ月ぶり高値を更新して引けた。
    ハンセン指数終値は126.39ポイント(0.51%)高の2万5015.42。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       終値は98.43ポイント(0.97%)高の1万0227.42。
    企業業績が好調となっていることに投資家が注目しており、多くのアジア市場が堅調となったことでセンチメント
が改善。中国本土からの資金流入が継続しているとみられることも材料視された。
    セクター別のパフォーマンスはまちまち。金融株と通信株が上昇した一方、資源株は下
落した。
    個別株ではインターネットサービス大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)がザラ場で最高値
を更新したが、引けにかけては押し戻され0.1%安で終わった。


    
 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below