Reuters logo
UPDATE 1-メキシコ中銀、政策金利を市場予想に反して25bp引き上げ
2017年5月18日 / 22:22 / 7ヶ月前

UPDATE 1-メキシコ中銀、政策金利を市場予想に反して25bp引き上げ

(内容を追加しました)

[メキシコ市 18日 ロイター] - メキシコ中央銀行は18日の会合で、政策金利を25ベーシスポイント(bp)引き上げて6.75%と、2009年3月以来の高水準にした。決定には政策委員全員が賛成。大方の市場参加者は金利据え置きを予想していたが、中銀は目標を上回ったままの物価上昇率を抑え込む決意を改めて示した。

中銀は声明で利上げの狙いについて、物価形成における負の連鎖を防止するとともに予想物価を安定させ、物価上昇率を目標内に収めることにあると説明。今後も物価上昇を決める要素や中長期の予想物価、メキシコと米国の金融政策の関係性などを注視していくと述べた。

4月の消費者物価指数の前年比上昇率は5.82%と、約8年ぶりの高い伸びだった。中銀の目標は中心が3%、上限が4%。

中銀は、物価上昇率が3%に鈍化する時期を年末から来年中と想定しており、追加利上げ余地を残している。

キャピタル・エコノミクスのチーフ新興国市場エコノミスト、ニール・シェアリング氏は「中銀はさらなる引き締め措置を考えているように見える。われわれは今の利上げ局面では政策金利が最後にあと1回、25bp引き上げられて7.0%になるとの見通しを妥当とみなしている」と話した。

* メキシコ中銀、政策金利を6.50%から6.75%に引き上げ

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below