Reuters logo
UPDATE 1-シドニー株式市場・中盤=小幅反発
2017年5月24日 / 05:22 / 6ヶ月後

UPDATE 1-シドニー株式市場・中盤=小幅反発

 (内容を追加しました)
    [24日 ロイター] -       
 豪                        日本時間12時24分      前日比        %         始値
 S&P/ASX200指数<.          5,763.100     + 2.909    + 0.05    5,760.200
 AXJO>                                                             
 前営業日終値                     5,760.191                                   
    
    中盤のシドニー株式市場は小幅反発。工業株とエネルギー株が相場をけん引している
。
    S&P/ASX200指数       は、0214GMT(日本時間午前11時14分
)時点で9.81ポイント(0.17%)高の5770.0。
    
    BHPビリトンが最も値を上げ、石油価格の上昇を受けて、0.5%高。 
 
    石油輸出国機構(OPEC)が協調減産の期間を9カ月延長するとの見方が強まった
ことから、石油価格は上昇。オリジン・エナジー、ビーチ・エナジーな
ど他の石油大手もわずかに値を上げ、エネルギー株は0.28%上伸した。  
    検査サービスのALSが17.1%高と、2年半ぶりの高値を付けたことを
受け、産業株が上昇した。ALSは2017年度の税引き後損益予想が黒字転換した。 
 
    パレット(荷役台)メーカーのブランブルズも上昇し、ここ1週間で最も高
い値を付けた。  
    金融株は横ばいで、大手投資銀行のマッコーリー・グループが1%高と金融
株を主導した。4大銀行株では、最大手コモンウェルス銀行が0.1%高だった
が、他の銀行はわずかに下落した。  
    ブルー・オーシャン・エクイティーズは、資金調達コストの上昇や予想される銀行課
税の強化などを受けて、銀行部門は上振れではなく、下振れリスクがあるとみている。 
 
    金関連株は約3.5%安。
    産金大手ニュークレスト・マイニングとエボリューション・マイニング<EVN
.AX>は約3%安。ペルセウス・マイニングも5%値を消した。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below