Reuters logo
UPDATE 1-シドニー株式市場・中盤=反落、北朝鮮情勢の緊迫化で
2017年9月4日 / 04:07 / 21日前

UPDATE 1-シドニー株式市場・中盤=反落、北朝鮮情勢の緊迫化で

 (内容を追加しました)
    [4日 ロイター] -   
    
 豪                 日本時間12時5    前日比      %      始値
                               分                    
 S&P/ASX200      5,697.800  - 26.792  - 0.47  5,724.60
 指数                                                       0
 前営業日終値           5,724.592                            
    
    4日中盤のシドニー株式市場の株価は反落した。北朝鮮の核実験を受けた朝鮮半島情
勢の緊迫化を背景に、投資心理が悪化した。
    S&P/ASX200指数は0135GMT(日本時間午前10時35分)
時点で、24.7ポイント(0.4%)安の5699.90。
    CPSキャピタル(パース)のシニアアナリスト、アダム・タウト氏は「地政学リス
クにより、市場に警戒感が広がっている」と指摘した。
    金融株が下げを主導。同株指数は0.9%安で、四大銀行は0.6─1.5
%安。
    製油所の操業再開を受けて、米国のガソリン価格がハリケーン「ハービー」襲来以来
初めて下落したことも、地合いの悪化につながった。エネルギー株指数は0.2
%安。カルテックス・オーストラリアが1%安、サントスは0.9%安
。
    一方、北朝鮮の核実験を受けて安全資産としての金が買われ、約10カ月ぶりの高値
を付けた。これを受け産金株は1.4%高。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below