Reuters logo
UPDATE 1-中国・香港株式市場・引け=中国株は続伸、銀行株上昇 香港は3日続落
2017年9月4日 / 08:52 / 3ヶ月後

UPDATE 1-中国・香港株式市場・引け=中国株は続伸、銀行株上昇 香港は3日続落

 (香港市場のリポートを追加しました)
    [4日 ロイター] -    
 中国                  終値    前日比        %      始値        高値        安値
 上海総合指数<.SSE  3,379.58  + 12.463    + 0.37  3,369.71  3,381.4027  3,359.1309
 C>                       30         6                 85                         
 前営業日終値       3,367.11                                                      
                          94                                            
 CSI300指数<  3,845.83   + 15.29    + 0.40  3,828.54  3,847.091   3,813.554 
 .CSI300>                  0         2                  5               
 前営業日終値       3,830.53                                                      
                           8                                            
 香港                      終値      前日比          %        始値         高値         安値
 ハンセン指数          27,740.26    - 212.90      - 0.76  27,881.71    27,884.46    27,662.29 
 前営業日終値          27,953.16                                                              
 ハンセン中国株指数<   11,182.67    - 102.88      - 0.91  11,249.32    11,264.08    11,120.13 
 .HSCE>                                                                            
 前営業日終値          11,285.55                                                              
   
    中国株式市場は続伸して引けた。北朝鮮の核実験を受けた朝鮮半島情勢の緊迫化への反応は鈍かった
。
    上海総合指数       終値は12.4636ポイント(0.37%)高の3379.5830。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数         終値
は15.292ポイント(0.40%)高の3845.830。
    中国の安信証券はリポートで「北朝鮮による核実験は短期的にリスク志向に影響を与える可能性はあ
るものの、A株市場への継続的な影響はないとみている」とした。
    セクター別のパフォーマンスはまちまち。銀行株は4営業日ぶりに上昇し、0.9%値
上がり。
    UBS証券のGao Ting氏はリポートで、「ナショナルチーム」と呼ばれる国有ファンドについて「第
2・四半期に金融株へのエクスポージャーを引き続き大幅に拡大させた。短期的にA株市場から大きく撤
退する可能性は低い」との見解を示した。 
    
    香港市場は3営業日続落して引けた。北朝鮮の核実験を受け、アジア市場で売りが優勢となったのに
つれ安となった。
    ハンセン指数終値は212.90ポイント(0.76%)安の2万7740.26。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       終値は102.88ポイント(0.91%)安の1万
1182.67。
    香港株は年初から25%超上昇。中国経済の順調な回復を受け、国内企業の利益が増加したことが好
感されている。ただGao Ting氏は、原材料価格の上昇により、発電や石油化学、白物家電、食品加工、ア
パレルなど一部の下流部門で利益率の低下が起きる可能性があるとの見方を示した。
    大半のセクターで株価が下落した中、不動産株や工業株の下げが目立った。

    
 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below