Reuters logo
UPDATE 1-中国・香港株式市場・引け=中国株小動き、大手国有企業は上昇 香港反落
2017年9月6日 / 08:58 / 14日前

UPDATE 1-中国・香港株式市場・引け=中国株小動き、大手国有企業は上昇 香港反落

 (香港市場のリポートを追加しました)
    [6日 ロイター] -    
 中国                  終値    前日比        %      始値        高値        安値
 上海総合指数<.SSE  3,385.38  + 1.0718    + 0.03  3,372.42  3,391.0105  3,364.7645
 C>                       88                           77                         
 前営業日終値       3,384.31                                                      
                          70                                            
 CSI300指数<  3,849.67   - 7.367    - 0.19  3,846.74  3,858.248   3,831.384 
 .CSI300>                  9                            7               
 前営業日終値       3,857.04                                                      
                           6                                            
 香港                      終値      前日比          %        始値         高値         安値
 ハンセン指数          27,613.76    - 127.59      - 0.46  27,671.56    27,684.26    27,421.79 
 前営業日終値          27,741.35                                                              
 ハンセン中国株指数<   11,128.77     - 62.82      - 0.56  11,170.63    11,178.96    11,028.12 
 .HSCE>                                                                            
 前営業日終値          11,191.59                                                              
 
    中国株式市場は小動きで取引を終えた。北朝鮮を巡る情勢は緊迫化しているものの、大手国有企業の
株価は上昇した。
    上海総合指数       終値は1.0718ポイント(0.03%)高の3385.3888。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数         終値
は7.367ポイント(0.19%)安の3849.679。
    中央政府が管理する中国企業は午後の取引で大幅高。政府が国有企業再編への取り組みを強化すると
の見方が背景。上海に上場する、改革が期待される企業で構成する指数は0.5%上昇し、
2016年初め以来の高値。年初来では12%超上昇している。
    ただ北朝鮮が3日に実施した核実験やさらなるミサイル発射を準備しているとの情報を受け、地政学
的な懸念が広がり投資家心理を圧迫している。
    UBSは月次のアジア太平洋地域投資リポートで、米朝関係の緊張は過去数十年間で最大のレベルに
達した可能性があるものの、軍事的衝突が起きる可能性は低いとの見方を示した。
    UBSの中国ストラテジスト、Gao Ting氏は、今回の危機がもたらすリスクの一つとして、北朝鮮へ
の対応策を巡る見解の相違から米中間の貿易摩擦が生じる可能性を挙げた。
    また、中国市場は一段の経済成長を完全に織り込み済みで、上昇の勢いを幾分失いつつあると指摘。
投資家の関心は、国有企業(SOE)改革によって生まれる構造改革の機会などにシフトする可能性があ
るとの見方を示した。
    さらに「企業決算に関しては、もう上向きのサプライズはないだろう」とし、下期の中国上場企業の
増益率は上期の18%から5%に減速する可能性があると指摘した。    

    香港市場は反落。北朝鮮を巡る情勢が緊迫化し、今年の上昇分の利益を確定しておこうとする投資家
が増えた。
    ハンセン指数終値は127.59ポイント(0.46%)安の2万7613.76。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       終値は62.82ポイント(0.56%)安の1万1
128.77。指数は年初から25%程度上昇している。
    大半のセクターが下落する中、金融株の下げが大きかった。
    UBSはアジア太平洋地域に関する月間の投資リポートで「米朝関係はおそらく10年来でもっとも
緊迫化した」ものの、軍事衝突は「見込みにくい」と述べた。
    同社ストラテジストのGao Ting氏は、米株式相場による影響を受けやすい香港株は、米国の債務上限
引き上げやトランプ大統領による税制改革、連邦準備理事会(FRB)による金利政策などを巡る不透明
感に直面していると指摘した。

    
 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below