Reuters logo
UPDATE 1-中国・香港株式市場・引け=中国株ほぼ横ばい、週間では4週間ぶり下落 香港反発
2017年9月8日 / 09:02 / 13日前

UPDATE 1-中国・香港株式市場・引け=中国株ほぼ横ばい、週間では4週間ぶり下落 香港反発

 (香港市場のリポートを追加しました)
    [上海 8日 ロイター] -    
 中国                     終値     前日比        %         始値        高値         安値
 上海総合指数<.SSE   3,365.2426   - 0.2548    - 0.01  3,364.4275   3,380.8898  3,353.6876 
 C>                                                                            
 前営業日終値        3,365.4974                                                           
 CSI300指数<    3,826.296   - 3.5750    - 0.09   3,830.071   3,843.019    3,813.983 
 .CSI300>                                                                      
 前営業日終値         3,829.871                                                           
 香港                       終値      前日比          %        始値         高値         安値
 ハンセン指数           27,668.47    + 145.55      + 0.53  27,571.59    27,708.09    27,569.13 
 前営業日終値           27,522.92                                                              
 ハンセン中国株指数<    11,149.64     + 50.92      + 0.46  11,106.65    11,175.76    11,097.17 
 .HSCE>                                                                             
 前営業日終値           11,098.72                                                              
   
    中国株式市場はほぼ横ばいで引けた。週間では4週間ぶりに下落した。ただ、底堅い経済成長と人民元
上昇が市場を支援し、投資家による資金流入の兆しが見られている。
    上海総合指数       終値は0.2548ポイント(0.01%)安の3365.2426。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数         終値は
3.5750ポイント(0.09%)安の3826.296。
    週間ではいずれも0.1%下落した。
    上海総合指数は11営業日連続で重要な節目となる3300の水準を上回った。同水準は2016年初
め以降、強力な抵抗線となっていた。
    消費関連株は週間で2.9%安と、市場の重しとなった。一方、中国経済が年内は引き続
き堅調に推移するとの見方から、不動産開発株が上昇を主導し6%高。
    人民元が約21カ月ぶり高値を付ける中、元高とドル安の恩恵を受けるとされるコモディティー、航空
、金などのセクターは値上がり。
    杉杉金融の株式トレーディング部門ファンドマネジャー責任者Wu Kan氏は「歴史が参考になるなら、人
民元と中国株には強い相関性がある」と指摘。元の上昇により元建て資産の投資妙味が増し、資金流入を拡
大させるとし、「われわれはすでに上昇相場に入っている」との見方を示した。
    リスク許容度の上昇は、信用取引向け融資(マージンファイナンス)の増加に表れており、残高は96
00億元(1489億5000万ドル)と今年の最高水準を更新した。
    データによると、国内個人投資家による株式取引口座の開設が加速しており、外国人投資家からの資金
流入も増えている。
    投資家はまた、中国共産党の党大会の開始を10月半ばに控え、市場は安定して推移するとの見方を示
している。
    
    香港市場は反発して引けた。中国経済が順調に成長するとの見方が支援材料。ただ、週間ではマイナス
となった。投資家は北朝鮮情勢を懸念している。
    ハンセン指数終値は145.55ポイント(0.53%)高の2万7668.47。週間では1
%安。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       終値は50.92ポイント(0.46%)高の1万11
49.64。週間では1.2%安。
    金融株は週間で1.9%安。米国株の下落が嫌気された。
    半面、週間で最も上昇したのは資源株で、3.8%上昇した。ドル安と、中国の経済指標が買
いにつながった。
    不動産デベロッパーも上昇し、指数は今週1.9%上昇して2008年前半以来の水準とな
った。最大手の万科企業は11.7%高となり、15年12月以来の大幅上昇。過去最高値近辺
での推移となった。5日に発表した8月の売上高が好調だったことが引き続き材料視された。

    
 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below