Reuters logo
再送-為替こうみる:北朝鮮リスクやや後退、目先はFOMCが焦点に=三井住友信託銀 瀬良氏
2017年9月12日 / 02:34 / 2ヶ月前

再送-為替こうみる:北朝鮮リスクやや後退、目先はFOMCが焦点に=三井住友信託銀 瀬良氏

(検索コードを修正しました)

[東京 12日 ロイター] -

<三井住友信託銀行 マーケット・ストラテジスト 瀬良礼子氏>

今回、国連安全保障理事会の対北朝鮮追加制裁で大事だったのは、全会一致で採択されたことだろう。これを受けた北朝鮮の反応が注目されるが、今のところ、原油供給の禁止措置がとられず、北朝鮮が「暴発」するようなところまで追い込まれなかったところを市場は評価している。

北朝鮮絡みで何が起こるか分からないが、目先は来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)が焦点になるだろう。バランスシート縮小は織り込み済みで、今後の利上げに関してメンバーがどのような見方を示すのかが重要になる。今週米国で発表される消費者物価指数や小売売上高などを見極めたい。

米朝間の軍事衝突という最悪のシナリオを除けば、9月末までドルは107.00─111.00円のレンジを中心に推移するとみている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below