Reuters logo
UPDATE 1-中国・香港株式市場・引け=上海総合指数下落、香港は横ばい
2017年9月15日 / 08:41 / 6日前

UPDATE 1-中国・香港株式市場・引け=上海総合指数下落、香港は横ばい

 (内容を追加しました)
    [上海 15日 ロイター] -    
 中国                  終値    前日比        %      始値        高値        安値
 上海総合指数<.SSE  3,353.61  - 17.806    - 0.53  3,365.14  3,365.5277  3,345.3283
 C>                       92         4                 54                         
 前営業日終値       3,371.42                                                      
                          56                                            
 CSI300指数<  3,831.61   + 1.659    + 0.04  3,826.14  3,843.297   3,818.523 
 .CSI300>                  4                            5               
 前営業日終値       3,829.95                                                      
                           5                                            
   
    
 香港           終値  前日比      %    始値     高値     安値
 ハンセン指数  27,807  + 30.3  + 0.11  27,736  27,893.  27,514.
                  .59       9            .60       58       04 
 前営業日終値  27,777                                          
                  .20                                   
 ハンセン中国  11,067  - 33.5  - 0.30  11,060  11,093.  10,938.
 株指数<.HSCE     .55       9            .00       51       77 
 >                                                      
 前営業日終値  11,101                                          
                  .14                                   
 
    中国株式市場は上海総合指数       が下落。前日に発表された一連の中国経済指標
が弱い数字となったことを背景に、国内経済が勢いを一部失い始めたとの見方が広がって
いる。
    上海総合指数の終値は17.8064ポイント(0.53%)安の3353.619
2。週間ベースでは0.3%安。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は1.659ポイント(0.04%)高の3831.614。週間ベース
では0.1%高。

    経済回復を背景に今年大きく上昇していた景気循環株は売り圧力にさらされている。
    資源株は1.7%安。鉄鋼、石炭、非鉄金属関連株の値下がりが背景。
ただ同指数は年初来では約31%上昇。
    一部アナリストは売りが行き過ぎだとの見方を示している。山西証券のストラテジス
トは、資源大手が引き続き当局の汚染対策強化の恩恵を受けるとし、投資家は鉄鋼、アル
ミニウム、レアアース、製紙のセクターで割安株を探すべきだとの考えを示した。
    一方、不動産開発株は上昇し3%高。万科企業の深セン上場株<000002.
SZ>は6.3%上昇し最高値を更新した。
    不動産開発株は週間ベースでは6.2%上昇した。政府の抑制策にもかかわらず、8
月の中国不動産投資の伸びが加速したことなどが材料。
    
    香港株式市場は、ほぼ横ばいで終了した。北朝鮮のミサイル発射はさほど材料視され
なかった。
    中国の8月の固定資産投資が弱い数字となったことから、原材料関連株が下落した。
    ハンセン指数終値は30.39ポイント(0.11%)高の2万7807.5
9。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       終値は33.59ポイント(0.30
%)安の1万1067.55。
    週間ベースでは、ハンセン指数が0.5%上昇。H株指数は0.7%下落した。
    原材料株指数は2%超下落した。
    一方、不動産開発株指数は4%超上昇した。8月の不動産投資の伸びが7.
8%と、7月の4.8%から加速したことが材料視された。

    
 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below