Reuters logo
UPDATE 1-中国・香港株式市場・引け=中国は4日ぶり小反発、香港横ばい
September 26, 2017 / 8:35 AM / 3 months ago

UPDATE 1-中国・香港株式市場・引け=中国は4日ぶり小反発、香港横ばい

 (内容を追加しました)
    [上海 26日 ロイター] - 
    
 中国                      終値     前日比       %          始値         高値         安値
 上海総合指数<.SSEC   3,343.5826   + 2.0339   + 0.06   3,336.3497   3,347.1629   3,332.5985 
 >                                                                               
 前営業日終値         3,341.5487                                                            
 CSI300指数<.    3,820.627    + 2.836   + 0.07    3,810.333    3,821.693    3,808.383 
 CSI300>                                                                         
 前営業日終値          3,817.792                                                            
    
    
 香港           終値  前日比      %    始値     高値     安値
 ハンセン指数  27,513  + 12.6  + 0.05  27,308  27,567.  27,300.
                  .01       7            .61       88       37 
 前営業日終値  27,500                                          
                  .34                                   
 ハンセン中国  10,968  + 55.9  + 0.51  10,870  10,991.  10,862.
 株指数<.HSCE     .39       3            .43       07       87 
 >                                                      
 前営業日終値  10,912                                          
                  .46                                   
 
    
    中国株式市場は薄商いの中、4営業日ぶりに小反発して引けた。ここのところ売り込まれていた不動産
株と資源株に買いが入った。
    上海総合指数       終値は2.0339ポイント(0.06%)高の3343.5826。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数         終値は
2.836ポイント(0.07%)高の3820.627。
    相場は総じて安定していた。来月の中国共産党大会を控え、当局は大幅な市場変動を容認しないと投資
家はみている。
    中国証券当局は25日遅くに、市場の安定維持は非常に重要で、政治課題だとの認識を示した。
    セクター別のパフォーマンスはまちまち。
    銀行株とヘルスケア関連銘柄が下落。
    半面、不動産株と素材株がいずれも1%高。
    不動産株は一部都市による住宅価格抑制策の強化、資源株は政府の大気汚染対策が採掘活動などを抑制
するとの懸念を背景に、それぞれ最近値を下げていた。
    
    前日に大幅安となった香港株式市場は、ほぼ横ばいで引けた。投資家は、北朝鮮を巡る地政学リスクの
高まりにはさほど目を向けず、代わりに中国経済の見通し改善に注目している。
    ハンセン指数終値は12.67ポイント(0.05%)高の2万7513.01。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       終値は55.93ポイント(0.51%)高の1万09
68.39。
    
    アジア開発銀行(ADB)は、中国の経済成長率予想を2017年は6.7%に、18年は6.4%に
据え置いた。7月には、17年18年ともに上方修正していた。
    国家発展改革委員会(NDRC)は25日、国内全体のレバレッジ比率の伸びが明確に鈍化しており、
現在は安定していると指摘した。
    前日大幅に下げた不動産セクターは安定。エネルギーセクターは、原油高を背景に、
3%近く上昇した。
    

    
 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below