Reuters logo
訂正-シドニー外為・債券市場=豪ドル下落、FRBの利上げ観測で米ドル上昇
2017年9月27日 / 05:47 / 20日前

訂正-シドニー外為・債券市場=豪ドル下落、FRBの利上げ観測で米ドル上昇

(本文1段落目の「約6カ月ぶり安値」を「6週間ぶり安値近辺」に訂正します)

[シドニー/ウェリントン 27日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、オーストラリアドルが対米ドルで下落し、6週間ぶり安値近辺(訂正)。12月の米利上げ観測が、引き続き米ドル買い材料となっている。

豪ドルは0.7866米ドル近辺。チャート上の下値支持線は、8月安値の0.7808米ドルとみられている。

米連邦準備理事会(FRB)とは対象的に、オーストラリア準備銀行(RBA、豪中央銀行)は当面利上げは視野に入れていないと明言している。銀行間金利先物の水準をみると、年内の利上げの確率はほぼゼロを示唆しており、来年8月まで織り込みは進んでいない。

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)の為替戦略のグローバル責任者、レイ・アトリル氏は「市場はFRBの利上げ見通しの再評価を迫られている」と指摘。「今年の豪ドル高は、米ドル安の産物だ」とし、「豪ドル高はもう終わったかもしれない」と述べた。

ニュージーランドドルは0.7203米ドルで推移。23日の総選挙では与党・国民党が第1党を維持したものの、過半数には届かず。新政権成立までに時間がかかるとみられ、不透明感が広がっている。

ニュージーランド準備銀行(RBNZ、中央銀行)は28日、政策金利を1.75%で据え置くことがほぼ確実視されている。

豪国債先物は3年物が横ばいの97.830、10年物は2ティック安の97.1800。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below