Reuters logo
UPDATE 2-中国・香港株式市場・引け=中国株反落、香港株は1.9%安 周総裁発言で下げ足速める
2017年10月19日 / 09:18 / 1ヶ月後

UPDATE 2-中国・香港株式市場・引け=中国株反落、香港株は1.9%安 周総裁発言で下げ足速める

 (内容を追加しました)
    [上海 19日 ロイター] -   
 中国                終値     前日比      %        始値         高値         安値
 上海総合指数<  3,370.1721  - 11.6216  - 0.34  3,374.6444  3,378.7359   3,359.6284 
 .SSEC>                                                                 
 前営業日終値   3,381.7937                                                         
 CSI300    3,931.200   - 12.963  - 0.33  3,940.583    3,944.035    3,923.646 
 指数                                                                   
 前営業日終値    3,944.163                                                         
 香港               終値    前日比      %        始値       高値       安値
 ハンセン指数   28,159.09  - 552.67  - 1.92  28,783.85   28,798.78  28,094.54
                                                                             
 前営業日終値   28,711.76                                                    
 ハンセン中国   11,357.45  - 264.50  - 2.28  11,656.22   11,693.90  11,351.69
 株指数<.HSCE                                                                
 >                                                                  
 前営業日終値   11,621.95                                                    
    
    中国株式市場は反落して引けた。この日発表された中国の第3・四半期の経済成長率
が若干減速したことや、9月の不動産販売が約2年半ぶりにマイナスとなったことが嫌気
された。
    上海総合指数       終値は11.6216ポイント(0.34%)安の3370.
1721。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
終値は12.963ポイント(0.33%)安の3931.200。
    中国の第3・四半期の国内総生産(GDP)は、前年同期比6.8%増となり、第2
・四半期の6.9%増から減速した。中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁が数日前に
、下期の成長率は7%に達する可能性があるとの見方を示したことから、一部の投資家は
、より高い成長率を期待していた。
    2017年通年の経済成長率は政府目標(6.5%前後)を上回るとみられるが、エ
コノミストは不動産市場抑制策やリスクの高い貸し出しに対する締め付けを背景に来年は
景気モメンタムが弱まるとみている。
    大半のセクターが下落。
    不動産株が0.9%安。中国国家統計局が発表したデータを基にロイタ
ーが算出したところによると、9月の不動産販売(床面積ベース)は前年比1.5%減少
し、2015年3月以来約2年半ぶりのマイナスとなった。
    工業株と金融株も軟調。
    半面、消費関連株、ヘルスケア関連株のディフェンシブ銘柄
が買われた。
    
    香港株式市場も反落し、下落率は過去約2カ月で最大となった。流動性タイト化の兆
候や、中国の不動産販売が約2年半ぶりのマイナスとなったことで不動産株が売られた。
    ハンセン指数終値は552.67ポイント(1.92%)安の2万8159.
09。1日の下落率としては8月以来の大きさだった。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       終値は264.50ポイント(2.2
8%)安の1万1357.45で、昨年12月中旬以来の大幅な下落率。
    中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁の発言が伝わり、引け前の数時間で急速に下
げ足を速めた。
    周総裁は中国共産党大会に伴う会議で、過度の楽観姿勢が資産価格の急落を引き起こ
さないようリスク回避に努めると述べた。また企業の債務は比較的高水準で家計債務も急
速に膨らみつつあると指摘し、人民銀は資産バブルの急激な調整によるリスクを制御し、
地方政府の傘下機関による借り入れの問題に真剣に取り組むと表明した。
    ほぼ全セクターが下落し、不動産株は1.9%安、金融株は2%安。
    あるストラテジストは最近の銀行間金利の上昇を指摘し、「流動性タイト化の兆候で
不動産株が売られた」と述べた。
    19日の香港の1カ月物銀行間金利は、10月4日に付けた8カ月ぶり
高水準に近い0.59%まで上昇した。
    素材株も下落。中国の第3・四半期GDP伸び率の減速を受けた。

    
 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below