Reuters logo
再送-インド株式市場・引け=NSEが最高値、銀行・インフラ株上伸
2017年10月25日 / 11:04 / 1ヶ月後

再送-インド株式市場・引け=NSEが最高値、銀行・インフラ株上伸

 (見出しを修正しました)
    [25日 ロイター] - 
    
 インド                    終値    前日比      %      始値      高値      安値
 SENSEX指数      33,042.50  + 435.16  + 1.33  32,995.2  33,117.3  32,804.6
                                                           8         3         0
 前営業日終値          32,607.34                                                
 NSE指数<.NSEI      10,295.35   + 87.65  + 0.86  10,321.1  10,340.5  10,240.9
 >                                                         5         5         0
 前営業日終値          10,207.70                                                
 
    
    インド株式市場の株価は続伸し、史上最高値を記録した。連邦政府が銀行部門に資金
324億ドルを注入する方針を発表したことを受けて、銀行株が急伸した。また政府が8
22億ドルの投資計画を承認したことを受け、建設株が値上がりした。
    インドステイト銀行(SBI)はNSE指数で上昇率トップ、最大27%急
伸して2015年1月以来の高値を付けた。政府は今後2年間で銀行部門に2兆1100
億ルピーを注入すると表明した。
    建設会社ラーセン・アンド・トゥーブロ(L&T)は上昇率3位で、最大
6.3%上伸。
    政府はまた、西部ラジャスタン州から北東部アルナチャルプラデシュ州のミャンマー
国境までを結ぶ道路の建設に5年間で6兆9200億ルピー(約1062億7000万ド
ル)を投じる計画をこの日承認した。
    アナリストらは、これらの政府の動きが、3年ぶりの低成長率にある経済を改善し、
今年の株式市場の最高値への上昇を持続させる可能性があると見る。
    エーデルワイスのアナリストらは、インドが積極的な改革などを通じて自ら状況を改
善していると評価し、「株式市場についてポジティブな見方を維持する。NSE指数目標
の1万1100ポイントを維持する」と述べた。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)       は0832
GMT(現地時間午後2時02分、日本時間午後5時32分)時点で0.92%高。一時
は1.3%上昇し、史上最高値を付けた。
    SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)は1.
4%高。一時は1.6%上伸した。
    ニフティPSU銀行指数は最大28.6%急伸。取引時間中としては2
011年1月以来の大幅上昇を記録した。パンジャブ・ナショナル銀行は最大
40%急騰し、15年2月以来の高値を付けた。
    L&Tのほかに、アショカ・ビルドコン、サドハブ・インフラストラクチ
ャー・プロジェクトなど道路建設業者が値上がりした。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below