Reuters logo
UPDATE 2-韓国GDP、第3四半期は前期比+1.4%で7年ぶり大幅増 輸出堅調
2017年10月25日 / 23:35 / 25日後

UPDATE 2-韓国GDP、第3四半期は前期比+1.4%で7年ぶり大幅増 輸出堅調

(内容を追加しました。)

[ソウル 26日 ロイター] - 韓国銀行(中央銀行)が発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)速報値は、季節調整済みで前期比1.4%増と、予想の0.8%増を上回り、過去7年余りで最も大幅な伸びを記録した。

消費が伸び悩んだが、輸出が堅調だった。

中銀の利上げを後押しする内容と専門家はみている。

GDPは前年比では3.6%増と、第2・四半期の2.7%から伸びが加速、予想の3.0%増も上回った。

第3・四半期はGDPの約4割を占める輸出が前期比6.1%増で、第2・四半期の2.9%減から回復。一方、民間消費は0.7%増で、第2・四半期の1.0%増から伸びが鈍化した。

9月までの貿易統計によると、輸出(金額ベース)は9カ月連続で前年比2桁増を記録している。

第3・四半期の設備投資は前期比0.5%増。

建設投資は同1.5%増。8月に住宅市場の投機抑制策が発表されたにもかかわらず、増加した。

ハナ・フィナンシャル・インベストメントのエコノミスト、キム・ドーウン氏は、今回のGDP統計を受け、中銀が11月30日の次回政策決定会合で利上げを決める可能性が大幅に高まったと指摘。「このような力強い成長は間違いなく利上げの判断材料になる。半導体やIT業界からの輸出はこれまでもおおむね良好だったが、第3・四半期はサービスの輸出も改善したようだ」と語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below