January 23, 2018 / 8:44 AM / 8 months ago

再送-日銀総裁会見こうみる:市場に言質与えず=三菱UFJMS 六車氏

(検索コードを修正しました)

[東京 23日 ロイター] -

<三菱UFJモルガン・スタンレー証券・シニアマーケットエコノミスト 六車治美氏>

日銀が展望リポートで示した経済・物価見通しの中央値は、前回(10月)から変更がなし。また、2%物価目標に到達する想定時期も2019年度ころに据え置かれた。今回の展望リポートで、日銀が金融政策の正常化の糸口を探っている、あるいは地ならしをしていると捉えられるような要素は見当たらなかった。

黒田総裁の会見も展望リポートに沿った内容。水準を切り上げる株価に関連して、ETF買い入れの見直し論はごく一部の議論だとして否定した。正常化への思惑がくすぶる市場に言質を与えなかった。

黒田総裁は、3月決算期が徐々に意識される中で、円高・株安の材料を与えたくなかったのではないか。日銀の総裁・副総裁人事を控えていることも、慎重な発言につながったのだろう。今後は新執行部発足後、4月会合で現行政策に変化が出てくるのかが注目されるだろう。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below