February 5, 2018 / 2:09 AM / 4 months ago

再送-為替こうみる:ドル/円動きにくい、上下にブレーキ材料=三菱東京UFJ銀 内田氏

(検索コードを修正して再送します。)

[東京 5日 ロイター] -

<三菱東京UFJ銀行 チーフアナリスト 内田稔氏>

ドル/円は上下両方向にブレーキがかかる材料があり、大きく方向感が出にくい展開を予想する。日銀が国債買い入れオペの増額や「指し値オペ」を実施し、年初から市場の一部にあった政策変更に対する思惑を強くけん制した。日銀のスタンス変更を材料にした仕掛け的な円買いはしばらくないだろう。クロス円を含めて円安圧力が加わりやすい。

また、年初からドル安の流れが続いてきたのは、米株式市場が堅調な中、米国の投資家が米国以外の国に対して投資をする、株高、リスクオン、ドル安という側面があった。米株式市場が崩れ、それが逆回転する可能性が出てきた。ドル安/円高が進みにくくなったと思われる。

一方、米金利上昇は、金利差の観点からすると円安の材料ではあるが、株価の下押し材料になってしまう。市場が不安定な状況が続くとすると金利差拡大による円安にもなりにくい。ドル/円は上下どちらにも動きにくい。3月末にかけて110円を挟み、108.00─112.00円近辺で推移するとみている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below