February 5, 2018 / 11:55 AM / 8 months ago

UPDATE 1-ユーロ圏PMI、1月改定値は06年6月以来の高水準

* 1月のユーロ圏サービス部門PMI改定値は58.0(速報値:57.6)

* 1月のユーロ圏総合PMI改定値は58.8(速報値:58.6) (エコノミストコメントを追加しました)

[ロンドン 5日 ロイター] - IHSマークイットが5日発表した1月のユーロ圏購買担当者景気指数(PMI)改定値は58.8と、 前月の58.1から上昇し、2006年6月以来の高水準となった。速報値は58.6だった。

IHSマークイットのチーフビジネスエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は、力強い上昇が幅広い分野でみられ、成長はより自立的にものになる可能性が大きくなっていると指摘。

「調査データは、ユーロ圏が素晴らしい成長の勢いで2018年をスタートしたことと、物価圧力が比例して増していることを示している」とし、この水準が今後数カ月続けば、政策当局者らがタカ派的になることが予想されると述べた。

1月の産出価格指数は54.8で、2011年4月以来の高水準。前月は53.2だった。

ウィリアムソン氏は、1月PMIの水準が維持できれば、第1・四半期のユーロ圏域内総生産(GDP)は前期比1.0%増となり、先月のロイター調査による0.6%増を上回る。

サービス部門が好調で、1月同部門PMI改定値は58.0(速報値57.6)で、07年8月以来の水準に上昇。サービス部門新規事業指数は57.3と、07年8月以来の高水準となった。

INGのバート・コレイン氏は総合指数について、ユーロ圏の堅調な景気回復は引き続き広範で、今後数カ月は継続する勢いで指数に反映されたと指摘。「受注残は増加し、雇用創出は過去の水準からみて非常に強く、新規受注も続いている。このため成長見通しは明るい」との見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below