February 6, 2018 / 8:01 AM / 8 months ago

再送-UPDATE 1-JT、18年「プルーム・テック」は40億本目標 高温加熱も投入へ

(見出しを修正しました)

[東京 6日 ロイター] - JTは6日、加熱式たばこ「プルーム・テック」について、2018年は2億パック(40億本)の販売を目指すとした。18年末までに5億パック(100億本)に製造能力を引き上げる。これまで上期中としていた全国販売は、供給に万全を期すため、9月に後ずれさせる。また、低温加熱の「プルーム・テック」の拡販に加え、高温加熱タイプに参入、シェア向上を図る。2020年末までにリスク低減製品(RRP)市場でシェア40%を目指す。

寺畠正道社長は会見で、加熱式たばこ市場での高温加熱タイプへの参入について「18年末から19年頭にかけて、プルーム・テックの伸びや市場動向をみながら、新製品投入の計画を実行したい」と述べた。このほか、プルーム・テックの進化版を開発していることも明らかにした。

加熱式たばこを含むRRP市場は「引き続き成長する」とみている。このため、18―20年の3年間でRRPに1000億円以上を投資する計画。

JTは、2018年のRRPのたばこ市場に占めるシェアは23%程度になるとみている。

加熱式たばこ市場では、フィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)の「アイコス」が先行している。アイコスは「高温加熱タイプ」。

JTは、2017年に「プルーム・テック」のデバイスの販売が100万台を突破したという。

加熱式たばこの急速な拡大もあり、紙巻たばこの販売数量減が続いている。JTの国内紙巻きたばこの販売数量は、2017年に929億本(前年比12.5%減)と、民営化以降初めて1000億本を割り込んだ。18年も同16%後半の大幅な減少を見込んでいる。 (清水律子)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below