February 9, 2018 / 8:07 AM / 15 days ago

UPDATE 1-年数回の利上げ、「大きなショック」にはならない=英中銀副総裁

(内容を追加しました)

[ロンドン 9日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のブロードベント副総裁は9日、1年間で数回の利上げを実施しても「大きなショック」にはならないとの認識を示した。

ただ、利上げの道筋が事前に決まっているわけではないとも発言した。

副総裁はBBCラジオのインタビューで、近年の低金利は国際的な要因を反映したものだとした上で「仮に25ベーシスポイント(bp)の利上げを1年間で数回実施しても、大きなショックにはならないだろう」と発言。

現行0.5%の政策金利が年内に1.0%に引き上げられる可能性が高いとの一部報道については「分からない。われわれは金利の道筋を事前に決めてはいない。事前に決まっているのは、われわれの検討課題と政策金利が経済情勢とともに変わるということだ」と述べた。

副総裁は「第1・四半期は(家計の実質所得が)上がり始めているのではないか」とも発言。「輸入物価上昇の波及効果は、おそらく今がピークで、賃金の伸びが改善し始めると予想している」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below