February 13, 2018 / 2:30 AM / 2 months ago

再送-日銀人事報道こうみる:副総裁人選みえず、株式市場に政策正常化の期待も=大和住銀 門司氏

(検索コードを修正しました)

[東京 13日 ロイター] -

<大和住銀投信投資顧問 経済調査部部長 門司総一郎氏>

副総裁の後任人事ついて、日銀の雨宮正佳理事が入るならば、無難な人選と受け止められるだろう。もう一人に関しては、本田悦朗・駐スイス大使や若田部昌澄・早稲田大学教授の名が挙がっているが、まだみえない。

今はどちらかというと、金融政策の正常化を期待している投資家が多い。安倍首相自身の金融政策の関心も、おそらく前ほどの高さではないはずだ。景気は良くなっているほか、支持率もそれなりの水準を保っている。大規模な緩和、ヘリコプターマネーなどを無理に行うことはリスクになる。大幅な円安で株価は上昇するかもしれないが、財政破綻の懸念などもある。(若田部氏や本田氏が副総裁となった場合)金融政策の安定性が失われる可能性もある。

副総裁人事の報道が出た場合、その時々の市場のセンチメントに合わせるような形で、売買の材料にされることが考えられる。だが今の市場は、日銀人事とは他の理由で動いている。

4月以降の金融政策決定会合で政策の変更が示唆されるかが当面の焦点となるとみている。公式に出口戦略に進むことが示されれば、日経平均で5%から最大で10%調整することもあると思う。ただし初期反応はマイナスだが、しばらくすれば出口戦略を進められるほど経済がしっかりしてきたとの見方から、市場は徐々に落ち着きを取り戻していくだろう。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below