February 14, 2018 / 7:52 AM / 8 days ago

UPDATE 1-JDIの4─12月は1006億円の赤字、CFO「提携交渉は後ずれ」

(内容を追加しました。)

[東京 14日 ロイター] - ジャパンディスプレイ(JDI)が14日発表した2017年4─12月期連結決算(日本基準)は、最終損益が1006億円の赤字となった。売上高の8割を占めるモバイル向け液晶ディスプレーの需要減少に加え、構造改革費用も響いた。

同社は通期の損益予想を開示していないが、会見した大島隆宣・最高財務責任者(CFO)は「非常に厳しい」と述べ、通期赤字は避けられないとの見通しを示した。

ただ、予定していた構造改革費用1700億円は下回る見込みという。大島CFOは「100億円規模で見直しができるのではないか」と語った。4─12月期には累計で312億円を計上している。

4─12月期の売上高は前年比12.2%減の5655億円だった。通期売上高は同約20%減の7100億円程度を見込んでいる。

大島CFOは経営再建に向けて検討しているグローバル企業との提携について「条件を詰めている中で多少後ろにずれるが、交渉そのものに何か大きな問題があるということではない」と強調した。

2020年3月期に営業利益400億円めざす中期計画については「大きな方針に変化はない」という。 (志田義寧)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below