February 15, 2018 / 2:10 PM / 3 months ago

再送-南ア大統領交代、格付けに直ちに影響及ばず=S&P

(見出しの誤字を修正しました)

[ロンドン 15日 ロイター] - 格付け会社S&Pグローバル・レーティングは15日、南アフリカの大統領交代は同国の格付けに直ちに影響は及ぼさないとの見解を示した。

南アフリカのズマ大統領は14日、国民向けに演説を行い、辞任を表明。15日にラマポーザ副大統領が新大統領に選出された。

S&Pは、南アフリカが直面する構造的な課題を踏まえると、ラマポーザ氏が経済成長の改善と公的財政の安定化に向けた措置を打ち出すには時間がかかるとの見方を示した。

S&Pの南アフリカに対する外貨建て格付けは現在「BB」。格付け見通しは安定的。

南アフリカの大統領交代について、ムーディーズ・インベスターズ・サービスは展開を「注視している」としている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below