February 28, 2018 / 12:12 AM / 6 months ago

再送-新FRB議長証言こうみる:想定範囲内でも株安、FOMCまで不安定=三井住友AM 市川氏

(検索コードを修正しました)

[東京 28日 ロイター] -

<三井住友アセットマネジメント シニアストラテジスト 市川雅浩氏>

基本的に1月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨に沿った内容だった。先行きの景気、物価上昇に自信をうかがわせ、現状の緩やかな利上げペースを続けていく、ということだろう。

議長証言を受けて市場は、長期金利上昇、ドル全面高、株安といった反応になった。質疑応答の中で議長が、景気やインフレ上昇への自信に加え、財政政策も刺激的だとして利上げ軌道見直しの可能性を示唆したことに反応したようだ。

ただ、議長は明確に利上げ回数に言及したわけではない。市場の反応はやや先走り過ぎにもみえる。3月のFOMCまでは、不安定な相場が続きそうだ。メンバーの金利見通しや、概ね織り込まれた利上げを実施した後の議長会見で、新体制のスタンスを確認する必要がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below