April 6, 2018 / 7:22 AM / in 19 days

UPDATE 1-中国、米国に対抗措置講じる方針表明 「断固として反撃」

(内容を追加しました)

[北京 6日 ロイター] - 中国商務省は、米国が保護貿易主義的な行動に固執するなら、国益保護のため「いかなる代償を払っても」新たな包括的措置を講じる考えを示した。

トランプ米大統領が中国への1000億ドルの追加関税の検討を通商代表部(USTR)に指示したことを受け、ウェブサイトで表明した。

中国は貿易戦争を望まないが恐れてもいないと主張し、2国間の貿易紛争は米国が引き起こしたと強調。

「米国が中国と国際社会の反論を無視し、一国主義と保護貿易主義に固執するなら、中国はいかなる代償を払っても最後まで対抗し断固として反撃する」との報道官の談話を掲載した。

中国外務省も同様の声明を発表。中国政府は引き続き米国からの関税を巡る動きを注視する方針を明らかにした。

また国営メディアは、1000億ドルの対中追加関税の検討について「ばかげている」と批判。

人民日報傘下の有力国際情報紙、環球時報が論評で「この脅しは、米国の一部のエリートの、中国に対する激しい傲慢(ごうまん)さを反映している」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below