June 15, 2018 / 8:08 AM / 3 months ago

UPDATE 1-物価伸び「幾分縮小」、7月展望リポートで要因議論=黒田日銀総裁

(内容を追加しました)

[東京 15日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は15日、金融政策決定会合後の記者会見で、足元の物価について伸び率が「幾分縮小している」との認識を示した。その上で、7月に新たに示す「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」に向け、実体経済が好調にもかかわらず物価上昇が鈍っている要因を議論する考えを示した。

黒田総裁は、賃金や物価が上がりにくい日本独自の原因として、企業や家計にデフレ心理が根強く残っていることを挙げたほか、企業の生産性向上が物価上昇を抑制している点も指摘。

欧米に比べ、日本ではその影響が顕著に表れていると述べたが、いずれは生産性向上の余地が縮小し、賃金上昇が物価に反映されると説明した。

利上げを決定した米連邦準備制度理事会(FRB)や、年内に量的金融緩和策を終了する欧州中央銀行(ECB)との方向性の違いについては、「金融政策は各国の経済・物価動向に即して適切に進められていくものだ」と述べるにとどめた。

日銀の出口戦略についても問われたが、黒田総裁は、物価2%がなお遠い現状を踏まえ「現時点で正常化や出口の手法を語るのは時期尚早」と強調した。 (梅川崇)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below