June 21, 2018 / 9:06 AM / a month ago

UPDATE 1-中国・香港株式市場・大引け=反落、貿易摩擦を嫌気 香港は半年ぶり安値で終了

 (香港市場のリポートを追加しました)
    [21日 ロイター] - 
 中国                     終値     前日比         %       始値         高値         安値
 上海総合指数<.SSEC  2,875.8099  - 39.9215     - 1.37  2,912.003  2,940.5863   2,872.6189 
 >                                                            2                
 前営業日終値        2,915.7314                                                           
 CSI300指数<.   3,593.040   - 42.404     - 1.17  3,633.556   3,673.563    3,589.490 
 CSI300>                                                                       
 前営業日終値         3,635.444                                                           
 香港              終値   前日比       %     始値      高値      安値
 ハンセン指数<.  29,296.  - 400.1   - 1.35  29,764.  29,882.2  29,285.7
 HSI>                 05        2               05         7         1 
 前営業日終値    29,696.                                               
                      17                                       
 ハンセン中国株  11,364.  - 141.0   - 1.23  11,529.  11,607.6  11,344.7
 指数                 66        8               24         3         8 
 前営業日終値    11,505.                                               
                      74                                       
    
    中国株式市場は、朝方値上がりしていたものの、下落して取引を終えた。上海総合指数の終値は
2年ぶり安値。米中貿易摩擦に対する懸念が根強かった。
    上海総合指数       終値は39.9215ポイント(1.37%)安の2875.8099。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数         
終値は42.404ポイント(1.17%)安の3593.040。
    約100銘柄が10%急落し、ストップ安となった。
    中国当局が、銀行の預金準備率の的を絞った引き下げや他の金融政策手段を通じ、中小企業への
信用供給を拡大させる方針を示したことが、一定の支援材料となったが、米中貿易摩擦に対する懸念
は根強かった。
    中国商務省は21日、米国は両国間の貿易問題で気まぐれな態度をみせているとして非難したほ
か、米国の労働者と農家の利益は最終的に損なわれることになると警告した。
    流動性を巡る懸念も、圧迫要因。新規上場する大型ハイテク銘柄に資金が流入し、市場の流動性
が低下するとの懸念が出ている。
    最近上場したWuXi AppTecは9.5%急落。富士康工業互聨網(フォック
スコン・インダストリアル・インターネット)も8.5%値下がりした。
    
    香港市場は大幅反落し、半年ぶり安値で引けた。米中の貿易摩擦に対する懸念で、リスク許容度
が低下している。
    ハンセン指数      終値は400.12ポイント(1.35%)安の2万9296.05。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)終値は141.08ポイント(1.23%)安の
1万1364.66。
    UBSの中国戦略責任者であるGao Ting氏は「貿易問題を巡る緊迫感はさらに強まる可能性があ
る」と言明。「マクロ経済に対する影響は限られる見通しだが、交渉過程は予想しづらく、生産や投
資活動に長期的な影響を及ぼすかもしれない」と述べた。
    サブ指数ではエネルギー株が1.5%安、IT(情報技術)株が0.86%
安、金融株が1.36%安、不動産株が1.2%安となった。
    ハンセン指数の値上がり率トップは碧桂園服務控股の15.3%高、値下がり率トッ
プは舜宇光学科技の8.91%安。
    H株指数の値上がり率トップは安徽海螺水泥の2.3%高、値下がり率トップは中信
証券の5.01%安。
    

    
 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below