July 18, 2018 / 9:15 AM / 5 months ago

UPDATE 1-シドニー株式市場・引け=反発、BHPの鉄鉱石生産高を好感

 (内容を追加しました)
    [18日 ロイター] -   
 豪                             終値    前日比      %      始値       高値       安値
 S&P/ASX200指数<.AX  6,245.100  + 41.500  + 0.67  6,203.60  6,256.800  6,203.600
 JO>                                                                          
 前営業日終値               6,203.600                                                  
 
    シドニー株式市場は、反発して引けた。
    鉱業大手BHPビリトンの2018年度の鉄鉱石生産が過去最高だったこと
で、同社の株価が3%余り上伸、同業株を押し上げたほか、市場全般の地合いも改善した
。 
    前日の米株価上昇にも支えられ、S&P/ASX200指数       は前日終値比4
1.50ポイント(0.67%)高の6245.10で終了した。

    BHPビリトンは、4─6月期の鉄鉱石生産が3%増加したと発表。予想を上回る水
準だった。
    発表を受けBHPの株価は3.3%上昇し、約9カ月ぶり高値を付けた。豪鉱業株指
数は1.4%高に押し上げられた。
    BHPはまた、ブラジルのダム決壊事故に絡み、18年度決算で6億5000万ドル
の費用を計上するとの見通しを示したが、投資家心理を冷やすことはなかった。
    オーストラリアン・ストック・リポートの調査・取引責任者クリストファー・コンウ
ェイ氏は「費用が計上されるのは皆わかっている。計上額はおそらく最悪シナリオの下限
寄りだった」と述べ、BHPが被った損害は比較的少ないとの見方を示した。
    BHPに対するポジティブな地合いは同業他社に波及し、リオ・ティントは
0.4%、サウス32は0.9%、それぞれ上昇した。
    一方で原油相場の下落を背景にエネルギー株はこの日も下げ、豪エネルギー株指数<.
AXEJ>は6営業日続落。 
    豪産金株指数も4日続落。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が議会
証言で米経済について上向きな見通しを示したことでドルが上昇し、金相場が1年ぶり安
値付近で推移したことが背景。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below