July 19, 2018 / 9:48 AM / 5 months ago

UPDATE 2-英小売売上高指数、6月は前月比-0.5% 四半期では04年以来の伸び

* 6月の英小売売上高指数、前年比+2.9%=国立統計局(予想:+3.7%)

* 6月の英小売売上高指数、前月比-0.5%=国立統計局(予想:+0.2%)

* 6月の英小売売上高指数(除く燃料)、前月比-0.6%=国立統計局(予想:-0.3%)

* 6月の英小売売上高指数(除く燃料)、前年比+3.0%=国立統計局(予想:+3.5%) (内容を追加しました)

[ロンドン 19日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した6月の小売売上高指数は前月比0.5%低下した。ロイターがまとめたエコノミスト予想レンジの下限と同水準だった。サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の開催に伴い買い物客が減少した。

ただ第2・四半期としては、前期比2.1%増加し、2004年第1・四半期以来の大幅な伸びとなった。イングランド銀行(英中央銀行、BOE)が利上げを検討する中、今年初めの小売売上高の低迷が第2・四半期には続かなかったことが示された。

第1・四半期は、降雪や高水準のインフレによる圧力、来年に予定されている欧州連合(EU)からの離脱を背景に、小売売上高の伸びと英経済は鈍化していた。

6月の小売売上高指数は前年比では2.9%上昇し、予想(3.7%上昇)を下回った。5月は4.1%上昇だった。

ONSは、第2・四半期の国内総生産(GDP)成長率が0.1%ポイント押し上げられるとの見方を示した。

最新のデータでは、暑さを受けて衣類の売り上げは低迷した一方、食品と飲料は好調だったことが示された。ONSの統計担当者は「暖かい気候を受けてバーベキュー用の食品と飲料の売り上げが増えた」と述べた。

その上で「食品の売り上げは引き続き伸びたが、W杯開催と暑さを背景に、店舗を訪れる客は減った」と指摘した。

フィデリティ・インターナショナルの投資担当ディレクター、トム・スティーブンス氏は「8月の金利決定はどちらに転ぶか分からない。利上げがあってもなくても、その後の軌道は極端に緩やかなものになるだろう」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below