September 27, 2018 / 2:57 PM / 3 months ago

UPDATE 1-米新規失業保険申請件数は1.2万件増、ハリケーンによる一時的な影響

* 米新規失業保険申請件数は214,000件(予想:210,000件)=労働省

* 米新規失業保険申請件数4週間移動平均は206,250件=労働省

* 米失業保険受給総数166.1万件(予想:168.4万件)=労働省 (内容を更新しました)

[ワシントン 27日 ロイター] - 米労働省が発表した22日までの週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比1万2000件増の21万4000件となり、予想の21万件を上回った。

15日までの週は20万2000件と、1969年11月以来の水準に低下。直近週は増加したものの、増加はハリケーン「フローレンス」の影響による一時的なものである公算が大きく、基調的なトレンドは米労働市場の引き締まりが継続していることを示している。

申請件数の実勢をより正確に反映する4週移動平均は20万6250件と、増加は250件にとどまった。

15日までの週の失業保険受給総数は1万6000件増の166万件。ただ4週移動平均は1万2250件減の168万件と、1973年11月以来の水準に低下した。

同4週間移動平均は9月の失業率算出のためのデータ収集期間中に低下。失業率は8月の3.9%から低下する可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below