October 1, 2018 / 10:34 AM / 2 months ago

UPDATE 1-ノーベル医学・生理学賞にアリソン氏と本庶佑氏

(内容を追加しました。)

[ストックホルム/東京 1日 ロイター] - スウェーデンのカロリンスカ研究所は1日、今年のノーベル医学・生理学賞を、免疫システムを用いたがん療法で画期的手法を開発した米国テキサス大のジェームズ・アリソン教授と京都大学の本庶佑・特別教授に授与すると発表した。

1日夜、会見した本庶特別教授は「大変名誉なことと喜んでいる。長い間苦労してきた共同研究者、学生、応援してくれた関係者、長く支えてくれた家族など多くの人々に感謝している」とコメントした。

小野薬品工業と米製薬大手のブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)が共同開発したがん治療薬「オプジーボ」は、この画期的手法を生かしたもの。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below