October 3, 2018 / 5:50 PM / 20 days ago

UPDATE 1-米ISM非製造業総合指数、9月は61.6に上昇 21年ぶり高水準

* 9月の米ISM非製造業総合指数(NMI)は61.6(予想:58.0)、前月は58.5

* 9月の米ISM非製造業景気指数は65.2(予想:60.3)、前月は60.7

* 9月の米ISM非製造業価格指数は64.2、前月は62.8

* 9月の米ISM非製造業新規受注指数は61.6、前月は60.4

* 9月の米ISM非製造業雇用指数は62.4、前月は56.7 (内容を追加しました)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が発表した9月の非製造業総合指数(NMI)は61.6と、前月の58.5から上昇し、1997年8月以来、約21年ぶりの高水準を記録した。50が判断の分かれ目となる。

別個に発表された雇用関連統計も堅調となる中、ともに連邦準備理事会(FRB)による12月の追加利上げを後押しするとみられる。

キャピタル・エコノミクス(ロンドン)の米国担当エコノミスト、アンドリュー・ハンター氏は「統計は依然として強く、経済は潜在成長を大幅に超える状態が続くもよう。こうした状況を踏まえ、FRBは目先、着実に利上げを進めると予想される」と述べた。

内訳では、新規受注が1.2ポイント上昇し61.6。雇用は5.7ポイント上げ62.4となった。週末に発表される9月雇用統計は、非農業部門雇用者数が上振れる可能性もある。

ISMでは、企業の業況感が全体的に明るい一方で、生産能力の逼迫や物流、世界貿易を巡る不透明感など不安要素も根強いと指摘した。労働市場が引き締まる中、各企業とも適正な人材の確保が一層困難になっており、財・サービスの提供の遅れにつながっているという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below