October 4, 2018 / 8:21 AM / 2 months ago

再送-トヨタ・ソフトバンク提携こうみる:ビジネスモデル模索、収益見通し不透明=SBI証 遠藤氏

(検索コードを修正しました)

[東京 4日 ロイター] -

<SBI証券 シニアアナリスト 遠藤功治氏>

トヨタ自動車は自動車の開発・生産・販売に加え、モビリティーを活用したサービスをビジネスモデルに取り込もうとしている。自動車分野に関するデータは十分な蓄積があるものの、そのデータをどのように活用していくかノウハウが不足していた。自社のデータとソフトバンクが持つ携帯電話を中心とした強みを融合し、収益を上げられる体制づくりを目指す。

一方、ソフトバンクグループはファンドを通じて配車大手ウーバー・テクノロジーズや米ゼネラル・モーターズ(GM)の自動運転車部門などに出資している。トヨタと新会社を設立することで「仲間」を広げ、できればソフトバンク主導でプラットフォームをつくりたいという狙いがあるのではないか。

新会社への出資は折半ではなく、ソフトバンクの方がほんの少しだが多かった。どちらかと言えばソフトバンクの子会社ということになる。通信ビジネスのノウハウを生かすことになるのでソフトバンクが主導権を握ってもおかしくはないが、これまでのトヨタを考えると相手に主導権を渡したのは驚きだ。両社ともビジネスモデルを模索中という感じで、いつ、どのくらいの収益が得られるかは見えていないだろう。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below