November 5, 2018 / 4:32 AM / 15 days ago

*TOP NEWS* 日本語トップニュース(5日)

(内容を更新しました)

* ロイタートップニュースはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/topnews をクリックしてご覧になれます。 ◎大規模で思い切った政策、必要な経済・物価情勢ではない=日銀総裁 MOST READ 2018年11月5日 11:46:00 名古屋市 5日 ロイター - - 黒田東彦日銀総裁は5日、名古屋市内で講演と質疑を行い、経済・物価が改善している中で、大規模な政策を思い切って実施するような情勢ではなくなっている、と語った。一方、物価2%目標の実現には時間を要することから、金融緩和政策の効果と副作用を「バランスよく考慮」し、強力な金融緩和を粘り強く続けていく方針もあらためて表明した。 ◎中国の習近平国家主席、輸入関税引き下げと市場開放を約束 2018年11月5日 13:08:00 上海 5日 ロイター - - 中国の習近平国家主席は5日、輸入関税の引き下げと市場アクセスの拡大を継続することを約束した。この日から10日まで上海で開催される中国国際輸入博覧会の開幕に当たり述べたもの。 ◎財新の10月中国サービス部門PMIは50.8、13カ月ぶり低水準 2018年11月5日 12:02:00 北京 5日 ロイター - - 財新/マークイットが発表した10月の中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は50.8と9月の53.1から低下し、2017年9月以来、1年1カ月ぶりの低水準となった。 ◎〔焦点〕米経済勢い鈍化でトランプ氏の再選戦略に狂い 2018年11月5日 13:08:00 ワシントン 2日 ロイター - - トランプ米大統領の目論見では、減税や歳出拡大で再選へのスムーズな道筋が整ったはずだったが、10年来の景気回復に陰りが見え始めた点からすると、当てが外れてしまったかもしれない。 ◎〔情報BOX〕米中間選挙、州議会・知事選から展望する政治情勢 2018年11月5日 12:56:00 タンパ(米フロリダ州) 2日 ロイター - - 6日投票の米中間選挙は民主、共和両党が政治的な発言力を高めようと州レベルで激しい攻防を繰り広げている。 ◎米中間選挙、トランプ氏とオバマ氏が各地で応援演説 2018年11月5日 10:54:00 ワシントン 4日 ロイター - - 米中間選挙は投開票を2日後に控え、大詰めを迎えた。共和党のトランプ米大統領と民主党のオバマ前大統領は4日、各地で積極的に応援演説を行い、お互いに火花を散らした。 ◎日銀9月会合、大規模緩和の長期化で議論 追加緩和必要との指摘も 2018年11月5日 10:13:00 東京 5日 ロイター - - 日銀は5日、9月18─19日分の政策決定会合の議事要旨を公表した。強力な金融緩和策を続けることが、物価安定目標の早期実現につながるとの認識の一方で、追加の金融緩和の必要性や大規模な金融緩和による金融面での副作用への言及もみられた。 ◎〔焦点〕スバルにちらつく「トヨタの轍」 新たなリコールに米国リスクも 2018年11月5日 08:08:00 東京 5日 ロイター - - SUBARU(スバル)に新たな米国リスクがちらつき始めた。同社が1日発表したエンジン部品のリコール(回収・無償修理)は国内だけでなく、米国など海外にも対象が及ぶ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below