November 13, 2018 / 1:34 AM / a month ago

再送-株式こうみる:米株安は個別要因、リスクオフなのか疑問=しんきんAM 藤原氏

(検索コードを修正しました)

[東京 13日 ロイター] -

<しんきんアセットマネジメント投信 運用部長 藤原直樹氏>

日本株は10月下旬に付けた安値で十分調整しており、そこを下回るとはみていない。前日の米国株の下落の要因は、アップルをはじめ個別銘柄の話ばかりだった。アップルも、景気が悪くなったから製品の需要が落ちているという話ではない。消費者のニーズと、機種とのマッチングの問題だろう。

一方、為替の反応は限定的だ。REITも需給が改善し、直近では上昇基調にある。これらをみるとリスクオフではない。

金利上昇局面ではグロース株からバリュー株に資金がシフトする過去の流れがある。その過渡期の中で(マレーシア政府による手数料返還報道で前日にゴールドマン・サックスの株価が下落し)、米国の銀行株が売られたことは不幸な展開だった。

ただ日本株に関して海外投資家は先物を大きく売り越しており、買い戻すしかないところに差し掛かっている。このほかの投資家は押し目待ちのスタンスだ。振れが大きい間はどうしても買いの手が入りにくいが、相場が落ち着けば押し目買いが入り、先物が買い戻されるパターンとなるだろう。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below