November 14, 2018 / 2:11 AM / a month ago

再送-GDPこうみる:世界経済の鈍化反映、外需の弱さ気掛かり=みずほ証 末廣氏

(検索コードを修正しました)

[東京 14日 ロイター] -

<みずほ証券 シニアマーケットエコノミスト 末廣徹氏>

7─9月期の実質国内総生産(GDP)は予想に近い結果。内需、外需ともに弱く、とくに外需の弱さが気になる。

外需は今年に入って輸出の伸び率が落ちてくる中、マイナスに転じたので、世界経済の鈍化が日本の統計にも出てきている。一方、内需の停滞には自然災害の影響が出ているが、設備投資もマイナスとなっており、軟調な輸出が生産の弱さにつながっていることが分かる。

GDPデフレーターが下がっており、「デフレ脱却宣言」ができなくなることを考えると、債券市場にとっては、サポート材料となり、金利が下がる要因になってくるだろう。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below