November 15, 2018 / 2:30 PM / 24 days ago

UPDATE 1-米新規失業保険申請件数は予想外に増加、祝日が影響した可能性

* 米新規失業保険申請件数は216,000件(予想:212,000件)=労働省

* 米新規失業保険申請件数4週間移動平均は215,250件=労働省

* 米失業保険受給総数167.6万件(予想:163.0万件)=労働省 (情報を追加しました)

[15日 ロイター] - 米労働省が発表した11月10日までの週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比で予想外に増加した。12日が退役軍人の日(ベテランズデー)の祝日に当たっていたことが影響した可能性がある。

申請件数は2000件増の21万6000件。予想は21万2000件だった。前週の申請件数は21万4000件で修正はなかった。申請件数は9月15日までの週に20万2000件と、1969年11月以来の低水準を付けている。

労働省によると、11月10日までの週はカリフォルニア州、バージニア州、テキサス州のほか、ハワイ州と自治領プエルトリコの申請件数が推計値だった。

ノースカロライナ州、フロリダ州、ジョージア州の申請件数は引き続きハリケーン被害の影響を受けている。

週ごとの変動をならし情勢をより正確に反映するとされる4週移動平均は1500件増の21万5250件だった。

失業保険受給者総数は11月3日までの週で4万6000件増の168万件だった。4週移動平均は8750件増の164万件だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below