November 21, 2018 / 6:18 PM / 23 days ago

訂正-ロンドン株式市場=反発、銀行と石油株買われる

 (第1段落の「約2カ月ぶりの高値に反発して取引を終えた」を「反発し、約2カ月ぶり
の上昇率となった」に修正します)
    [ロンドン 21日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日終  コード
                                                         値  
 FTSE100種       7050.23  +102.31  +1.47     6947.92          
 
    ロンドン株式市場は反発し、約2カ月ぶりの上昇率となった(訂正)。銀行と石油株
が買われ、全体水準を押し上げた。また、自動車排ガス浄化用触媒で世界最大手のジョン
ソン・マッセイが好決算を発表したことで企業利益の伸びが鈍化しているとの懸
念が後退した。
    感謝祭の祝日を前に米国株式相場が上昇したことも市場心理の好転につながった。ア
ナリストによると、株式は過度に売られており、安値拾いの買い注文が入ったという。
    FTSE350種銀行株指数は2.57%上昇した。原油の値上がりに
伴い原油・天然ガス株指数は2.30%上昇した。
    ジョンソン・マッセイは13.1%急騰。10月10日以来の高値を付けた。上半期
利益が増加したほか、明るい業績見通しと増配計画が好感された。
    一方、日曜大工用品小売りで欧州2位のキングフィッシャーは3.0%下落
した。フランスにおける四半期売上高が軟調だったほか、ロシアとスペイン、ポルトガル
市場から撤退すると発表したことで今後利益を増やせるか疑問視された。
    中型株では、防衛機器のバブコック・インターナショナルが4.7%安とな
った。資金を事業再編に割り当てたほか、原子力発電所の廃炉事業による収益が翌年に大
幅に減少するかもしれないとの見通しを示したことが売り材料となった。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below