December 3, 2018 / 10:12 AM / 14 days ago

再送-UPDATE 1-ユーロ圏製造業PMI、11月改定値は51.8 2年ぶり低水準

(見出しの語順を一部変更しました)

[ロンドン 3日 ロイター] - IHSマークイットが発表した11月のユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は51.8と2016年8月以来の低水準となり、域内経済の鈍化を改めて示す形となった。新規受注指数が2カ月連続で節目の50を下回った。

10月の52.0から低下したが速報値の51.5は上回った。

生産指数は50.7と前月の51.3から低下した。速報値は50.4だった。

IHSマークイットの首席ビジネスエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「11月のPMIは製造業の直面する状況が一段と厳しくなったことを示している」と指摘し、「生産は第4・四半期のユーロ圏経済の足を引っ張る可能性がある」と予想した。

新規受注は近く上向くとはみられておらず、楽観度も引き続き弱い。

IHSマークイットは弱気な見通しの背景には米中の貿易摩擦やユーロ圏の政局を巡る不透明感の高まりがあると分析した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below